12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
twitter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< DTPエキスパート更新しました。 | top | クリスマス準備 >>
無料文化バブルの崩壊。
切り込み隊長の「情報革命バブルの崩壊」を読み終えたところです。

世の中は金融危機ということで不況に突入の流れになっていますね。
今回の危機は2006年の初めにはすでに想定されていて
「アメリカ発の世界不況が起きる」 http://tanakanews.com/g0125mortgage.htm
2008年10月という大統領選挙の時期という
タイムテーブルが記載されていたね。
現実にこの数年間のアメリカの政策は不況の先送りだったわけで
その施策が世界経済に与えた影響はけっこう大きいものがありますね。

ネットに近い仕事をしていると
ここ数年間はネット関連は常に
右肩上がりの予測がされていたけれど
最近の「ネットレイティングス」の発表を見ても
ネット人口の伸びが頭打ちになってきたのは明らかで、
加えて携帯の伸びも同じように頭打ちの状態です。
しかしテクノロジーの成熟は人間の感覚以上に早いですね。

DTPが出てきた頃に普及の読みを誤って
市場から退出した企業があるように
ここ数年の新興市場の上場企業も
成長路線を描けなくなってしまう可能性もありますね。

成長することを前提としてきた市場が成熟期を迎え、
同時に金融危機が襲ってきているわけで
この時期にどのように舵を切るかが
これからの数年を決める気がします。

ひとつは、今あるものをさらにブラッシュアップするとか。
視点を変えてさらに別のカテゴリーにあてはめてみるとか。
いくつかの方法論はあると思います。
まあ、それを考えていかなきゃね。


kmimu | 日記 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: