08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
twitter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< Alexaのトラフィックデータの集計方法の変更について | top | 酒楽活菜 >>
Googleウェブサイトオプティマイザー

ウェブサイトオプティマイザー

上はGoogleの公式ブログなんだけど
2008 年 4 月 18 日付で
「ウェブサイトオプティマイザー」を
一般のユーザーでも使えるようになった告知。
AdWordsユーザーにはなじみの深いツールだね。


「ウェブサイトオプティマイザー」は
パターン毎にテストページを用意して
テストページを訪れた人々の中から
コンバージョン ページまで辿り着いた数の割合を、
パターン毎に自動的に比較できる機能。
一般的には「A/Bテスト」といいますね。

「A/Bテスト」はある意味
古典的なテスト手法だけど
確実に数字に表れるので
その効果については
説得性がありますね。

紙媒体の時代の通信販売では
スクランブルテストという形式で
デザインパターンの違う折込チラシを
申込番号を変えて
同一地区に複数のパターンを配布して
その中で最もレスポンスの高かかったものを
全国展開していました。


webサイトは
何らかの目的があって
その目的のために最適化されるんだけど、
この目的の達成率を向上させるのに
「A/Bテスト」は

アイオイクス社やロックオン社からは、
A/Bテストを簡単に行うためのツールなどが
提供されていたのですが
googleが無償で提供することで
テストのハードルが低くなったのは
大歓迎ですね。

大規模なリニューアルも大切だけど
「A/Bテスト」による小さな改善の繰返しも
なかなか重要です。

===============

テストには大きく分けて
3つのテストパターン
・ウェビナー(オンラインセミナー)告知バナー
・ランディングページ
・登録フォーム
のパターン違いのテストを実施することが多いです。

ほんの少しのグラフィックの違いでも
分母が大きい場合は
結果の数字に大きく影響しますね。

最後に「A/Bテスト」のポイント

■テスト設計
どの要素を変更すればレスポンスが向上するという仮説の策定。
データの検証方法の策定。

■ゴール結果が数値で表現できるように
Webサイトの「A/Bテスト」の場合は
コントローラーの定義(現在のwebサイトの数値)をベースに
コンバージョン率UPや、離脱率の減少、
販売額のアップというような数値的指標を
ゴールとして提示する。
(※このコントローラーの数値と比較することが大切です。)

■テスト要素は最小限に絞る。
A/Bテストを行う際は、
テスト要素を最小限・最小単位に抑え、
比較している要素以外はコントローラーと共通とする。

非常に小さな積み重ねだけど
この数字の積み重ねが
サイトの価値向上につながります。

================================================
KIRIN NUDA LEMON&TONIC TVスポット
ウルトラマンダイナが・・・。

「羞恥心」の「つるの 剛士」といったほうが
若い子にはわかるのかな?


kmimu | web | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: