10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
twitter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
日本酒三昧
4月19日の札幌の北都千国会の新酒の発表会に始まって
4月21日のKKR東京での発表会
4月22日はホテルメトロポリタンでの山形新酒歓評会
4月30日は虎ノ門パストラルでの全国47蔵銘酒を楽しむ会と
立て続けに日本酒のイベントに参加してきました。

種類にして数百の日本酒に出会ったわけだけど
味は非常に幅広いですね〜。
印象深いのは長野県の宮島酒店さんの「信濃錦」秘花
上品さではぴか一でした。

5月11日は吟醸酒協会の新酒祭りです。
サイトに関係させていただいたので
このイベントはどちらかというと主催者側での参加になります。
リストを見るとわくわくするようなお酒がいっぱいです。
日本酒好きにはたまらないラインアップですね。

他のネット系のプロジェクトも大きいのが動いていますが
時間を見つけて
全国蔵元地図
日本酒こんしぇるじゅでGoogleMapで遊んでみました。

京都でも数件登録されていますが
いつも通っていた道の少し入ったところに蔵元があったのに少しびっくりです。
kmimu | 日記 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
名前のない本
25年くらい前かな
某通信販売会社で新しい女性向けの頒布会カタログをつくることになって
そのカタログのネーミングをどうするかでいろいろプランを出しました。

先週、このカタログの当時の担当の方とひさしぶりにお会いして
いろんなところにロケにいった頃の懐かしい話とかをさせていただいて
思い出しました。

ここで考えたネーミングは
第1号は「名前のない本」として、
カタログのタイトルを応募してもらおうという手法。
実はこの「名前ない・・・」は
70年代に京都にあった「名前のない喫茶店」から発想をもらってます。
ブルースフォークなんかを聞かせてくれる小さなお店でした。
閉店の時のすごい量レコード盤の荷物の運び出しのお手伝いをしたのを覚えてます。
あの頃の京都は音楽がすごく熱くって、いくつものライブハウスが元気でした。
「拾得」とか「磔磔」とかは今でもありますね。

いろいろ応募があったのだけど
いちばん多かったのが「名前のない本」がいいという声でした。
「まだなにも染まってなくてこれから自分たちが作っていけそう」
「夢がありそう・・・」
とかのコメントをいただきました。

そんな経過もあって思いつきでつけた「名前のない本」というカタログが
継続的に発行されるようになりました。
その後いつまでも「名前のない本」というのもなんなので
LIVRE CLAIRE(透明な本)というサブタイトルもつけました。
商標登録も勢いでしてしまってます。
数年前までブランドとしても残っていたみたい。

懐かしくて書いてしまいました。


kmimu | 日記 | 22:25 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
クリスマス準備






京都の我が家ではクリスマスの飾りつけが
着々と進行しているようです。

一年が早いですね。
kmimu | 日記 | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無料文化バブルの崩壊。
切り込み隊長の「情報革命バブルの崩壊」を読み終えたところです。

世の中は金融危機ということで不況に突入の流れになっていますね。
今回の危機は2006年の初めにはすでに想定されていて
「アメリカ発の世界不況が起きる」 http://tanakanews.com/g0125mortgage.htm
2008年10月という大統領選挙の時期という
タイムテーブルが記載されていたね。
現実にこの数年間のアメリカの政策は不況の先送りだったわけで
その施策が世界経済に与えた影響はけっこう大きいものがありますね。

ネットに近い仕事をしていると
ここ数年間はネット関連は常に
右肩上がりの予測がされていたけれど
最近の「ネットレイティングス」の発表を見ても
ネット人口の伸びが頭打ちになってきたのは明らかで、
加えて携帯の伸びも同じように頭打ちの状態です。
しかしテクノロジーの成熟は人間の感覚以上に早いですね。

DTPが出てきた頃に普及の読みを誤って
市場から退出した企業があるように
ここ数年の新興市場の上場企業も
成長路線を描けなくなってしまう可能性もありますね。

成長することを前提としてきた市場が成熟期を迎え、
同時に金融危機が襲ってきているわけで
この時期にどのように舵を切るかが
これからの数年を決める気がします。

ひとつは、今あるものをさらにブラッシュアップするとか。
視点を変えてさらに別のカテゴリーにあてはめてみるとか。
いくつかの方法論はあると思います。
まあ、それを考えていかなきゃね。


kmimu | 日記 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ひさしぶりの投稿
前に書いたのが8月なので3ヶ月ぶりかな。
もう風が冷たくなってますね。

先週末は京都に戻って
前の会社のOB会をやりました。
気心のしれている仲間と飲むのはいいですね。

ここ数日はSpookのIE7のCSSをIE6用に書き換えてます。
CSSのダウングレートのほうが手間かかりますね・・・。
あるサイトの直近1ヶ月のブラウザシェアでも58%がいまだにIE6なので
やっぱ無視できないですね。

メインPCにはIE8 beta2が入っているのでブラウザ検証も
vistaとの組み合わせでは、IE6のスタンドアローン版がうまく動作しないので、XPにIEtesterと、スタンドアローン版を入れて検証してます。Virtual PC 2007が一番確実ですがノートPCのディスク容量を考えると
ちょっと・・・。
(IETesterはまだまだバージョンが低くて、100%の再現性ではないけどちょっとした検証には重宝します。)

IE6のCSSの継承関係にはかなりてこずりました。
早くモダンブラウザがきっちりと普及してくれないと困り者です。

そろそろ、この数ヶ月かかったサイトがリリースです。
あとひとふんばりです。

kmimu | 日記 | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
屋形船での宴会


会社の宴会、今回は屋形船でのナイトクルーズ。
浜松町から出港して
お台場の前で停泊して
その場で天ぷらをあげていただきました。

ちょうど季節もいいみたいで
甲板に出て涼みながら
ほろよい気分で楽しませてもらいました。
kmimu | 日記 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
WindowsVistaにApache2.2とPHP Version 5.2.5
WindowsVistaにApache2.2とPHP Version 5.2.5を
インストールするのに
ちょっと手間どったのでメモ。

XPへのインストール手順は
いろいろと書かれたものがあるんだけど
vistaについては意外と少ない。。。。

まず、Monitor Apache Serversは正常に起動しない。
コマンドプロンプトで「httpd -k start」を入力するか
サービスで起動と停止をするかの方法。

PHPの環境設定ファイルphp.iniの置き場所は
XPの場合はc:¥windows¥だけど
Apacheの環境設定ファイルhttpd.conf内に、
「PHPIniDir "C:/php5"」の行を記述する。

PHPモジュール設定方法は
Apacheの環境設定ファイルhttpd.conf内に、
LoadModule php5_module C:/php5/php5apache2_2.dll
(2_2がポイント)

このへんの設定を理解するのに手間取っちゃいました。

=============

オフィスの帰りに
紀伊國屋書店 新宿本店によってみたんだけど
なぜか片岡義男の「マーマレードの朝」が
絶版コーナーに置いてありました。
価格をみたら480円
(出版時は380円なので値上がりしてる・・・。)
ちょっと複雑な感じです。

=============
ついにフィルムカメラ市場終焉
ダイヤモンドオンラインの記事

ちょっと寂しいですね。
学生時代には授業でカメラ技術があって
現像液の匂いを嗅ぎながら
暗室にこもってたのが懐かしいです。

写真の現像は偶然の産物の部分があって
思ってもいなかった効果が出せるので
とても面白い作業です。

当時のyumingの曲の「星空の誘惑」に
こんな歌詞があるんだけど

・・・・・・・・・・・・・・

オレンヂのトンネルの中は
横顔がネガのようだわ
今のうちにさらわれたら
あとでみんな夢だと云える

・・・・・・・・・・・・・・

サイドシートで
このセリフを言われたら
ちょっとびっくりしたね。

ネガを知らない
今の世代なら
どんな表現をするのかな?


kmimu | 日記 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
酒楽活菜
酒楽活菜

昨日は東京プリンスホテル 和食「清水」での
第98回 酒楽活菜
「春野菜と京筍 鑑評会出品酒」
に参加。
笹の川酒造(福島県)
・笹の川 鑑評会出品酒
・吟醸生貯蔵
喜多酒造(滋賀県)
喜楽長
・全国新酒鑑評会出品酒
・近江八景 純米酒
を飲み比べ。

お料理は全て旬の野菜を中心とした薄味で
日本酒とぴったりのハーモニー。

京都人なので
この味付けはいいですね。

日本酒はこんなカタチで飲み比べると
それぞれの味個性がさらに引き立ちます。

お気に入りは「近江八景」かな。

東京プリンスはこのシーズンでも
遅咲きの桜と東京タワーがいい肴ですね。


kmimu | 日記 | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マーマレードの朝
私の風がそこに吹く―片岡義男恋愛短篇セレクション花 (角川文庫)

私の風がそこに吹く (角川文庫)

片岡 義男

生き方にスタイルがある人は美しい。
それが仕事であっても、生活のある一場面であっても、
自分の感覚を信じ、鮮やかに行動する。
日常のささやかなことも丁寧な選択を積み重ね、
それはいつしか人生そのものの在り方につながっていく…。

今は絶版になってるので
変わりに上は、最近の角川文庫の写真

========================================


「マーマレードの朝」は
1979年(もう30年前だね)に出版された文庫本なんだけど、
今日、新宿の紀伊国屋にいったとき
角川文庫フェアをやっていて
片岡義男の名前を思い出しました。

この「マーマレードの朝」の
「パステル・ホワイト」を何度も
読んだのを覚えてます。

ジャンル的には当時の流行作家なんだけど
彼の短編小説の中には
ペリエだとかバドワイザーとか
今ではあたりまえのアイテムが
小道具という形で登場して、
当時はそれがすごくおしゃれに思えたんだよね。

例えば、スパゲッティを
オリーブオイルとバジルだけで
食べてみるとか
実際にまねしてやってみたりしてました。

当時の恋愛バイブルみたいなものかな・・・。

好きだったタイトルを並べてみると

○スターダスト・ハイウェイ
○ロンサム・カウボーイ
○スローなブギにしてくれ
○マーマレードの朝
○アップル・サイダーと彼女
○人生は野菜スープ
○彼のオートバイ,彼女の島
○ときには星の下で眠る
○いい旅を,と誰もが言った
○町からはじめて,旅へ
○吹いていく風のバラッド

う〜ん。
当時の流行と自分を思い出してしまう。
kmimu | 日記 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
富士山


天気がいいので
勝どきから富士山見えた。
kmimu | 日記 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/6PAGES | >> |